事故被害からの流れ

もしもあなたが交通事故の被害者になってしまった場合、けがの程度にもよりますが、まずは警察を呼びましょう。警察が事故当事者の示談を手伝うことはありませんが、警察の捜査により作成された資料には事故当事者の示談の際に有利に話しを進められるものが多くあります。そして、病院へ行くほどの怪我であれば、加害者の保険会社の確認をし、すぐに病院へ行き治療を受けましょう。事故後しばらくしてから病院へ行っても、保険会社から事故と怪我の関連性に疑いをもたれる恐れがあります。

そして、保険会社から示談金を受け取るわけですが、ここであなたの心強い味方となるのが、弁護士です。保険会社から提示される示談金を受け取るとそこで相手の保険会社との関係は断たれるわけですから、示談書にサインする際には注意が必要です。きちんと交通事故に詳しい弁護士の方に相談をし、示談をより確実なものへしましょう。

ここで事故被害からのおおまかな流れを紹介しましたが、これはあくまで個人で行う場合です。法律事務所所属の弁護士であれば事故直後の物損や過失割合から、通院期間中、示談交渉、訴訟までをサポートしてくれる方もいます。あなたが損をしない選択をより確実なものにしたいのであれば、最初から弁護士の方に頼るのも1つの手です。